対人恐怖症 チェック

対人恐怖症チェックシート

対人恐怖症チェックシート

自分が対人恐怖症ではないか?と感じたとき、どうしたら良いのでしょうか。

 

精神科に行くという方法もありますが、いきなり精神科に足を運ぶのも気が引けることでしょう。

 

そのような状況では、対人恐怖症のチェック診断をしてみる事をオススメします。似たような症状で苦しんでいる人は大勢いるのです。

 

インターネットで検索をかけると、自分は対人恐怖症ではないか?と思っている人の為に、数多くのチェック診断できるサイトが見つかります。

 

色々なサイトでチェック診断をする事で、自分がどの程度対人恐怖症なのかを知ることができます。

 

対人恐怖症をチェック診断する代表的な項目

・人前で赤面してしまうのに恐怖を感じる。
・人の視線がとても気になる。
・人前で文字を書く時に手が震える。
・人前に出ると異常に汗をかく。

 

などがあげられます。通常の人でも、沢山の項目があれば、一定の項目は当てはまる可能性があります。

 

対人恐怖症と診断されるのは程度にもよりますから、あまり気にしない事も大切なのです。

 

しかし、日常生活に支障があるケースでは、カウンセリングなどを受けてみるのも良いでしょう。

対人恐怖症の主な症状

対人恐怖症の代表的な症状ですが、初めての事をおこなう時、異常なまでに緊張してしまったり、背後に人がいるだけで恐怖を感じてしまうなどがあげられます。

 

ほとんどの場合は人前で何かを発表するなんて事になれば手に汗をかき数日前からなかなか眠れない夜を過ごすことが考えられます。

 

そして、進学や就職、結婚、育児など、新しい環境に入って行く事が苦手です。

 

対人恐怖症が生じる引き金は十人十色ですが、一度心に深い傷を負ってしまうと前に進む事が心配になってしまいます。

 

今までは当たり前にしていた、例えば学校や会社に行く事、子供を幼稚園に送り迎えする事、そういうことが人目を気にし、しんどくなってしまうわけです。

 

常に周囲の目を気にし、私はどう思われているのかと不安でなりません。ここまで来ると、できる限り目立たないように、個人的な考えは心にしまい、とにかく邪魔にならないように生きていこうとする傾向も見られるのです。

 

しかし、本心では当然自分の本当の気持ちが存在していますから、その狭間でストレスを感じ、ますます心が疲れ果ててしまうわけです。

更新履歴